在宅の仕事の受け方

一昔前までは在宅の仕事を出してくれる企業は限れられていたこともって、直接連絡をとって受注し、支払いに関しても企業から直接口座に振り込んで貰うという形態が多かったものです。

しかし現在では在宅の仕事を出してくれる企業は大幅に増えました。企業の側からすると仕入原価の低減などを目的としているのですが、新規参入した会社は在宅の仕事に関するノウハウが無いものです。そこで登場したのが在宅の仕事を出したい企業と、在宅の仕事をしたい人を結びつけるサービスです。

この手のサービスでは多くの企業と人を結びつけることで利益を得る仕組みになっています。例えばあるサイトでは報酬がポイント制となっており、ポイントを換金する形で口座に振り込まれるといった支払い方法を採っているものがあります。そしてポイントの換金時に手数料などの名目でサイトが利益を徴収しているのです。

利用している側としては手数料などはとって欲しくはありませんが、サイトを利用することで様々な企業の案件をサイトで選ぶことが出来るというメリットや、一度にたくさんの案件を得られるメリットを得ることが出来るのです。

またサイトから請け負った仕事で実績を積むことが出来れば、企業から直接仕事のオファーが入ることもありますので、通常では接点を持てない企業との付き合いが生まれるという意味でも大きな意味があるのです。

また直接のオファーとなるような場合では、より単価が有利な案件であったり、特別に大きな案件が回されることが多くなります。もちろんこのようなケースは、大きな実績を積むことが前提条件ですが、非常に美味しい仕事ですので、まずはコツコツと実績を積むようにしていってください。

在宅の仕事を複数こなす

サラリーマンにしても主婦にしても自分の時間をもっと自由に使いたいと思っている人は多いと思います。では具体的にどうすれば自分の自由時間が増えるのでしょうか?その答えの1つが在宅の仕事をやることです。

在宅の仕事は職場に行く必要が大きく減るため、或いは全く職場への出勤を必要としないために、通勤などに掛かっていた無駄な時間を減らすことが出来ます。また在宅の仕事は基本的には歩合制のものが多いですから、頑張って必要なだけ稼いでしまえば、あとは仕事をせずにいるという選択の自由が得られます。

そんな在宅の仕事には色々な種類がありますが、初心者でもやりやすい仕事の1つに短めの記事の執筆というものがあります。この手の仕事は単価が安く、基本的にはお小遣いが増える程度の報酬ですが、仕事に慣れて数をこなせるようになれば、仕事を出してくれる企業の側からより多くの仕事の依頼が出てくるようになります。

こうなると報酬はそれに見合った形で増えていき、お小遣い程度だったものが本業と言っても差し支えないレベルのものになっていくのです。ただそれでも1つのクライアントに頼った状態では、発注して頂ける数の安定は望みにくいものです。

リスクを減らして自分の報酬を安定させることと、自分の自由時間を確保するためにはクライアントの数を増やして、トータル的に安定的な仕事の数を受けていくことが必要となるのです。

もちろんお小遣い程度の稼ぎのままで良いという人はこんなことは考えなくても良いでしょう。しかしもっと仕事をしたい!と望むのであれば、複数の仕事を受けることが出来る態勢づくりは必要になってきます。

上手に複数の案件をコントロールしながら、1つ1つは小型の案件であっても総合的にはメインの収入源となるようにしていけば、自分の自由時間を増やしていくことは十分に可能なのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.